代表取締役あいさつ

    
代表取締役の宮川学です。
有限会社フロンタルの事業展開について


当サイトをごらん下さり、ありがとうございます。



有限会社フロンタル、代表取締役の宮川学です。



弊社には、大きな3つの事業、



古物販売事業、不動産管理事業、広告出版事業がございます。



これらのいずれも、ICTを活用して、事業を進めていくことが、



わが社の主眼であります。



ICTの活用により、効率よく、合理的な筋肉質の経営を目差します。



これらは、最前線の営業部門のみならず、

総務、財務などの各後方支援部門にも、

影響を与えます。



弊社は売上げ至上主義からの脱却と収益性の向上を、

経営の第一目標においていきたいと、社長として考えております。



有限会社フロンタルの社会的使命について




一方、弊社には、社会的使命もございます。

大きくわけて3つです。

●社会的問題に対する働きかけ

●経済による社会貢献

●経済を中心とした文化支援



まず、社会的問題に対する働きかけですが、現代の社会問題のうち、

貧困と社会的不平等、環境問題は深刻な問題です。

弊社は、貧困や社会的不平等に対しては雇用の創出や職場環境の向上での貢献を目指します。

環境問題は古物商として、リサイクルなどの3R運動を通じて、

働きかけてまいりたいと思います。



そして、経済による社会貢献は、

私企業として、活動すること自体、経済貢献と考え、

会社の時価総額を上げ、

社会的、市場価値のある企業となれるよう精進いたします。



そして、最後に、文化支援ですが、多くの若手芸術家、

特に【真善美】(思想哲学芸術)を模索する才能に、

光が当たりにくい現実がございます。



彼ら彼女らの感性や情熱を作品に変え、

世の中へ表現できる場の提供を支援してまいります。

そして、多くの人々が、彼ら彼女らの作品を受け止めることで、

週に一度、教会に通うことで、次の一週間、一般の人が、俗世間で、一生懸命、働ける。

そのお手本、モデルたる、【シスター】【僧侶】のように彼ら彼女らが、なれるべく、支援していく。

そのことが、弊社が文化に奉仕し、人類の叡智に弊社が微力ながら、

手助けできることだと信じて、まい進してまいりたいと思います。



その他に、社として取り組む文化活動もございますので、

日本文化促進活動への取り組みのページをご覧ください。



おわりに



フロンタル社員一同、 日本文化の向上と日本国の経済貢献、

そして、ステークホルダー(関係者各位)の幸せのため、

これからも、全力で精進いたします。



これをもちまして、代表取締役のあいさつとかえさせていただきます。



2017年09月        



有限会社フロンタル 代表取締役 社長 宮川 学