ホームページサンプル株式会社のサイトです

対人関係の科学の専門企業です

対人関係の科学を用いた心のセラピーをご提供します

有限会社フロンタルより、ごあいさつ

弊社では、サイコセラピーを、日本人になじみ深いように、寺事と置き換えます。 キリスト教社会のミサのような機能が現代日本にはなじみが薄く、 宗教行事が日常生活に組み込まれている人は、少数派です。 欲も悪しくも、広義の無宗教国家「日本国」は、世界でも特徴的です。 キリスト教社会において教会が担当している機能を、 弊社は、サイコセラピーという形で、提供します。 お客様との深い信頼関係が必要です。 かつて日本は江戸時代、 寺社諸法度を定め、菩提寺と檀家制度を確立させ、 江戸幕府が寺事を一括管理していました。 その名残が、現在の寺社制度です。 その制度の限界に、現代の日本に生きる人が、苦しんでいるとき、 本来の寺社が持っていた機能を、弊社はお客様にご提供します。 かつて、精神科や心理カウンセリングが、成立していない時代、 人間の心を扱う組織は、宗教組織でした。 当時から、宗教組織には、人間の心を扱うノウハウや英知が凝縮されています。 人間の心を扱うアプローチは、精神医学、心理学、宗教、哲学、芸術と様々ですが、 かつて、教会と同じく、寺事は一時期の日本のすこやかさを取り戻すための社会的存在でした。 同じような、寺事としての機能を、いかに、お客様にご提供するか。」 そのために、弊社は【対人関係の科学】という、学問領域を専門といたします。 弊社は【対人関係の科学】の専門家であると断言いたします。 【対人関係の科学】とは、一言で言えば、 「人と人が上手くやっていくことを専門的に研究する」学問領域です。 従来のコミュニケーションという言葉の定義より、より広いものです。 古来より、宗教的職能者がその領域を把握していましたが、 現在は、実証的な科学万能の時代、 精神医学の専門家である、精神科医。特に精神保健指定医と、 臨床心理学の専門家である、後任心理師に、現代日本社会は多くの権威と信頼を与えています。 ところが、料理人や理容師美容師に力量の程度の違いがあるように、 精神科医や公認心理師にも、それぞれ、力量に差があります。 患者を治せるかは、患者の治療者との相性もありますが、 治療者の力量によるものが大きいです。 料理や散髪は自分で施すことができます。 しかし、多くの人は専門家に任せるでしょう。 人間の心についても同じことです。 弊社は精神科ではありませんので、 お客様に、投薬治療を施すことはできません。 精神科は医学の診療領域の中で、 最も薬理が効きやすい領域です。 心の危機の まず、第一選択は、投薬による薬理的効果であることは、変わらない。 これは厳然とした事実でしょう。 しかし、【人と人がうまくやっていくこと】。 このテーマに投薬治療の薬理は完ぺきではありません。 また認知行動療法等の既存のサイコセラピーも効果は限定的です。 お客様のなかのすこやかさを阻害するものはより、 大胆に除去されることが望ましいですが、 弊社は対人関係の科学を徹底的に研究することで、 既存の精神心理療法の枠を飛び越える、アプローチを開発いたしました。 当然、必要な薬理の効果を前提としたもので、 第一選択肢は、投薬薬理の精神科の治療にあるとご理解ください。 そのうえで、より、お客様の問題点を明らかにし、 有効な手立てを施します。 それが、【対人関係の科学】における【臨床】の意義です。 多くの人は、社会的に公認された専門家である、 精神科医や公認心理師を利用するでしょうが、 心のすこやかさについても、自己学習である程度、好転させることが可能です。 自習の教材には事欠かない時代であり、 弊社も徹底的に約20年にわたって、研究研鑽に励んできました。 そこで到達した、概念が【対人関係の科学】です。 精神医学、心理学、宗教学、どのようなアプローチでも、心の健やかさが、回復しないお客様の ことを前提とした、ひとつのアプローチを弊社はご提案いたします。

第一線の民間精神療法企業として

弊社は対人関係の科学を元にしらた臨床家として、 お客様の心のすこやかさの達成を、お客様とともに、目指します。 当然、従来の医師免許を持った、精神医学や公認心理師の資格をもった、心理カウンセリングの方が、 信用できるという方もいるかもしれませんが、 弊社は、既存の科学とエビデンスをもとにした、アプローチを飛び越えるべく、研究を続けてまいりました。 エビデンスはお客様自身の賭けによります。

力量不十分な保険適用範囲内の現代精神医学および、高額な心理カウンセリングでも、改善しえない余地が、 確かに残っていると弊社は確信いたします。 エビデンスは現代日本から社会問題が解決されていないことで十分証明できるはずです。 およそ、精神科の患者数は420万人。これだけの人数が、すこやかに、寛解したのであれば、 十分、現代日本のある程度の社会問題は明示的に解決されているはずです。 精神科の患者総数はそれだけの社会的損失であり、いくつかの社会問題の根底を担っているといえます。 それどころか、ますます、次から次に新たな社会問題が発生しています。 これは、現代日本の社会病理に対して、現在の既存の精神科や心理療法の世界が、 及ばぬ治療効果しか与えていないことを意味します。 当然、弊社だけで、社会問題を解決するには、まだまだ、あらゆる面から。不十分ですが、 目の前のお客様を救うための最適なアプローチを用意しました。 当然、相性問題等が存在しますため、このアプローチが万能ではないことは、ご理解ください。 しかし、現在、日本社会に欠損し、多くの人間のすこやかさの障壁となり、 皆様の心のすこやかさを低下させているものに対して、有効性のあるアプローチを弊社は開発しました。 今の自分と状況をなんとか好転させたい、そういうお客様に相性がより適したアプローチであることは、 開発者の弊社自身の苦痛の体験をエビデンスとして、お客様の前で、示したいと思います。 弊社の心のすこやかさの欠損は弊社の成長の鈍化と等しいと、社長である私は理解し、 現在まで、研究を重ねてきました。そして、対人関係の科学を徹底的に研究することで、 弊社にすこやかさをとりもどすことができました。 すなわち、すこやかさを求めるお客様のために、奉仕する新事業を始める事。 そのこと自体が、弊社がすこやかさを得てきたエビデンスそのものだったのです。 弊社は、現代日本社会の宗教的救いおよび、精神科や心理カウンセリングが扱っている、 サイコセラピーを組み合わせた、独自のサイコセラピー「メンタル金継ぎワーク」を完成させました。 金継ぎとは、日本古来の工芸品の修復技法のひとつで、破壊された部位に漆を塗り接着し、その上に、 金をまぶし、壊れる以前より、より美しくよみがえる修復技法を指します。 弊社は、人間の心のすこやかさをとりもどすことは、金継ぎと同じようなプロセスを踏むと考えます。 本来の寺事の中で、人々をつなぎとめ、救ってきたセーフティネットとしての、社会公共財としての機能と、 人間の心を癒し、回復させる自己回復、自然治癒力を最大化させる、 古来から人間が持っていた知恵を弊社は徹底的に、リバースエンジニアリングし、 現代のサイコセラピーと組み合わせ、独自に新たなサイコセラピー「メンタル金継ぎワーク」として、 完成させました。 その効き目を実感していただきたく、弊社の独自メニューをご用意しました。